廃屋

山を下りて帰り路を歩いていた時、ふっと思いついて、横道に入りました。
それはかつては道だった30センチくらいの、また上に登る道。 個人の家に通じる道だと思うのですが、何も境目もないので、何度か通ったことがあります。

上っていくと、普通の道の向こう側にある大きなお屋敷の庭が見えました。
広い庭に大きなプール。プールには水が入っていないのでちょっと見えにくいですね。
b0064411_1449854.jpg


その路をたどってゆくと、以前は家があったのに、今はなくなってしまいました。階段もみな崩れてもう降りられないから、上ってゆくしかありません。

それでまた山を登ってゆくと・・・


廃屋がありました。
b0064411_1453768.jpg


b0064411_1453118.jpg


かつては赤い,かわいい家だったのでしょう。 
b0064411_14535771.jpg


誰が住んでいたのでしょう。 庭は起伏に富み、かなり面白い構造だったようで、これは泉水かな?
b0064411_14563592.jpg


プールもありました。
b0064411_14571190.jpg


今はプラスチックのプールを埋め込むけれど、これはちゃんとレンガを積んで作ってある
b0064411_1457033.jpg


ローズマリーや
b0064411_14574288.jpg


タイムが花をいっぱいつけていました
b0064411_14581741.jpg


近くにサボテンがあって、知らないうちに触ったらしく、手や足にとげが刺さってちくちく痛いこと。

b0064411_14594840.jpg

家を後に、また山を登っていきます。降りる階段が崩れていて、崖になっていたので、そこから出るには、登るしかなかったから。

さんざん登って、何とか降りられそうな所まで出ました。ひどく急な坂を下りるのですから、木などに捕まらないと降りられません。尻もちをついてしまいました。

降りていくと、また大きなお屋敷と、大きなプール。 普段は塀しか見えないから、上から見ると、まぁすごい家が多いこと。 
b0064411_1533812.jpg

崖から降りて、藪をかき分けて、やっと普通の道に出ました。
通りがかりの人が怪訝な顔をしても、知らん顔して、堂々と。

さあ、帰りましょう… と思ったらなんだか腰が痛い。 さっきの尻もちで、また腰痛が出ちゃったみたい・・・いやになるなぁ。

b0064411_1595461.jpg


今年はロッテリア(宝くじ)を買ったら当たるかも・・・

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by tripper_01 at 2009-03-17 16:17
廃屋っていいですよね!
あと、取り壊し中の住宅とか観るの大好きです。

ウチの立て替えの時、仮住まいから解体を見に来てとても寂しかったけど。
Commented by gyuopera at 2009-03-17 16:49
♪ tripperさん、おはようございます。
廃屋って、なんだか不思議な気持ちにさせられます。かつては温かい家だったのが、こうして無残な姿になって・・・
以前、このもう少し下に、別の廃屋があったんですよ。で、覗いたら、誰かが寝ていたので、あわてて引き返したんです。
この家も、もっと近づきたかったんだけれど、また人でもいたら・・と思って、離れたところから眺めるだけにしました。
自分の家が壊されるのを見るのは、とてもつらいと思いますよ。
Commented by dada at 2009-03-17 17:08 x
廃屋って 想像する楽しみがあるから魅せられるのかな。どんな生活だったのだろう どうして廃屋になったのだろうって。
私は知人の実家解体ですら涙が止まりませんでした。家って単なる箱ではなくて なんだか一緒に暮らした家族みたいな気がします。
gyuさん お散歩気をつけてくださいね。
Commented by ルネラ at 2009-03-17 18:49 x
こんにちはご無沙汰しています。
腰の調子はいかがですか?
すっかり春の陽気でお散歩日和がつづいていますね。
この白い花レタマブランカというのですね。私も大好きです。
ローズマリーのお花もかわいいですね。


Commented by gyuopera at 2009-03-17 19:25
♪ dadaさん、こんにちは。 廃屋は、遺跡にも似たところがあって、単なる物体じゃなくて、どこかに人の思いが染みついているのですよね。それで見ている人の心に何か訴えてくるように思います。
散歩と言っても私のは藪をかき分けて・・・なんてことばかりしているからね。気を付けます。
Commented by gyuopera at 2009-03-17 19:26
♪ ルネラさん、こんにちは。 腰はね、また逆戻りです(笑)。でも歩くのは歩けますから。
この頃本当にいいお天気ですね。レタマ・ブランカ、そちらでもありますか?時々植えてあるのを見かけるけれど、素敵なお花ですね。
Commented by woodstove at 2009-03-17 21:08
gyuさん こん**は。
スペインには、うちわサボテンがありましたよね。
アランブラ宮殿に行く途中でもあったような記憶があります。
 廃屋って、もう少し時間が経てば遺跡と呼ばれますよね。。。
そんな風に見てしまいます。。。。。(^^;)
Commented by gyu at 2009-03-17 21:37 x
♪ woodstoveさん、こんにちは。 スペインはいたるところにサボテンがありますが、うちわサボテンはよく見かけますね。近くを通ったら、目に見えないくらいのとげがいっぱい刺さって、痛い思いをしました。
遺跡というと、建造物がいくつか集まったもの、と解釈しておりますが、これも一軒だけだけれど、庭とかのものも含めて、、あと50年くらいしたら遺跡になるかも(笑)。きれいだったころの建物を見てみたいです。
Commented by paris-antique at 2009-03-17 23:45
廃屋・・・色といい形といいオブジェの様ですね!
春の陽の光とハーブから,こちらまで香りが届いて来そうです~

↓の空の青も眩しいくらいでお散歩に行きたくなりました。。。
Commented by ウルコ at 2009-03-17 23:55 x
腰痛、お気をつけて下さいね。
私は昔、スポーツで痛めてしばらく腰の痛みが癖のようになっていた事があります。
ハーブの香りで春を感じそうですね。
サボテンの実も、カナリア諸島のマーケットで買って食べてみた事があります。
Commented by gyuopera at 2009-03-18 03:57
♪ paris-antiqueさん、こんばんは♪
この廃屋のもう少し下のほうに別の廃屋があって、そこはほとんど壁しか残っていないんです。そこにビンカの群生を発見した時はうれしくて。でもその廃屋に、人がいたので、ちょっと怖くてしばらく近づかなかったんです。今回はその上のほうに登って行って、別の廃屋を見つけたというわけです。この家、きっと、とてもかわいかっただろうな・・・と思います。
Commented by gyuopera at 2009-03-18 04:07
♪ ウルコさん、こんばんは。 私ね、まだ20代の時に、椎間板ヘルニアをやっているんです。2つ壊れてるのね。これは治らないから、気を付けるしかないんだけれどほんのちょっとの、何気ない動きの時なってしまうのね。この頃続けてだからいやになります。
サボテンの実って、おいしいのかな? メキシコではこの丸いサボテンのとげを取って売っていたから、食べられるんでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2009-03-17 15:11 | 散歩 paseo | Comments(12)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera