マリア・カナルスコンクール出場者のコンサート

マリア・カナルス・バルセロナ国際音楽演奏コンクール("Maria Canals" Barcelona International Musical Execution Competition)は、バルセロナで開催される若手音楽家のためのコンクールです。

今日はUniversitat(バルセロナ大学)の地下鉄の駅ホールで、コンクール出場者が演奏するというので、さっそく聞きに行きました。

バルセロナ大学
b0064411_23365239.jpg


大学の前のメトロの駅に降りていくと、聞こえてきました。

b0064411_23373058.jpg


国際コンクールに出場する人たちです。 すごい上手なのに、こんな場所でコンサートじゃちょっとかわいそうだけど、練習と思ってやるのかな。
b0064411_23381110.jpg


ピアニストは日本の方のようですね。
b0064411_23381192.jpg


b0064411_23514486.jpg


中々の熱演です。
b0064411_23511513.jpg


演奏が終わりました。 パチパチ
b0064411_23403419.jpg

3人は楽器を片付けて、どこかに行ってしまいました。 

次は誰かな?と思ってみていると

かなり若い子たちが出てきました。ピアノは連弾で。ヴァイオリンが2台。
b0064411_23421860.jpg


演奏し始めると、あれ・・・
b0064411_23433526.jpg


なんだか、かなり質が落ちるではありませんか。 この人たちがコンクールに出る・・・?まさか。

b0064411_234667.jpg


聞いたら、音楽学校の生徒さんたちなんだそうです。もっとよく聞いたら、私の行っている音楽学校だって!

ガク・・・・。

また、コンクールに出場する人たちが演奏するかと、我慢して何曲か聞いていましたが、いつまでもやっているので、悪いけれど、帰らせていただきました・・・。

コンクールの本番、聞きに行きたいな・・・。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by yurhythm at 2009-03-15 04:10 x
あぁ~またこの時期がやってきましたね。
今回はどんな演奏を聴かせてくれるのでしょうか・・・わたしもたのしみです!
Commented by roshi303 at 2009-03-15 11:26
足早で帰路へ向かう途中、思わず足を止めてしまう演奏に
出会うと、急ぐことを忘れそこで聞き込んでしまいます。。
音楽ってホント、魔法の様です〜
国境を越え、人種を超えて音楽は人の心を掴む事ができますよね

音楽学校の生徒さん(笑)
これからも頑張ってもらいたいですね!
Commented by woodstove at 2009-03-15 18:19
ここから未来の音楽家が生まれてくるんですね。。。。
この学生さん達が、いつかは大きなステージに立つのでしょうねぇ。
新人の成長は楽しみですね。。。(^^;)
Commented by gyu at 2009-03-15 22:43 x
♪ yurhythmさん、こんにちは。 マリア・カナルスコンクールって、世界的に有名なんだそうですね。毎年日本からもたくさんの参加者があるそうです。今日が本番なんですけれどね、残念ながら行けなかったんですが・・・。参加者はいずれもハイレベルの人たちばかりのようですね。10代の方も多いと聞いてびっくりしました。
Commented by gyu at 2009-03-15 22:47 x
♪ roshiさん、こんにちは。コメントをどうもありがとうございます。
音楽は人間の歴史の始まり以来からあったのですものね。
「天地創造」を聞くと、アダムがイヴに会い、愛に満ち足りて神に感謝の歌を歌いますね。宗教に関係なく、素晴らしいと思います。
そろそろイースターです。イースターの音楽と言ったら、「マタイ受難曲」、今年はどれを聞こうかな・・・。
Commented by gyu at 2009-03-15 23:12 x
♪ woodstove さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
音楽家として生活していくには、スペイン出はなかなか大変だと思います。プロにならないまでも、音楽を演奏できるというのは楽しみです。特に他の人と合奏するのは本当に楽しみ。音楽仲間はみんな寛大で、国籍に関係なく受け入れてくれます。
音楽ってやっぱり素晴らしいと思います。
Commented by ogosyu at 2009-03-16 08:13
gyuさん、最後はちょっとガッカリ?でもなんだかこんな地下鉄の駅でコンサートするなんてイキではありませんか!
上のコメント読ませていただいて、そうだな、と思いました。プロにならないまでも生活の中に音楽があるというのは大切なことだ、と私は信じてます。だからそれを同じように思う仲間と演奏するのは、本当に楽しいよね!gyuさんがおっしゃるように、国籍は関係ないから。私も今もオーケストラでもgyuさんが感じていることを同じように感じています。ひとつのものを作り上げようとする心は、素晴らしいですよね。
Commented by layuri77 at 2009-03-16 16:10
gyuさん こんにちは♪ コンクールに出る方の演奏が地下鉄の駅できけるなんて! これは音楽ファンには嬉しい計らいですね。 音楽ファンでない人にもいい演奏を聴く機会ができるんですから素晴らしいですね。 普通の生活の中に音楽やダンスを近くで触れ合える環境があるって素晴らしいことだと思います!
Commented by gyu at 2009-03-16 17:04 x
♪ ogosyuさん、おはようございます。
そうなんです。だって、コンクール参加者と言ったら、もうプロ級じゃないですか。そういう演奏を期待していったので、後半は・・・(笑)。
地下鉄の駅でのコンサートなんて初めてでしたが、案外周りもやかましくなく、音響も悪くないしよかったです。
メロディー楽器の場合、特に他の人と一緒に演奏するのは楽しいですね。
Commented by gyu at 2009-03-16 17:09 x
♪ layuriさん、おはようございます。
地下鉄の駅のコンサート、初めてでした。前もあったかもしれないけれど、気がつかなかったんです。
ちゃんと聞けるように、聴衆のために椅子も並べて置いてありました。
初めはよかったですよ。すごい迫力だったし・・・。普通の生活の中に音楽やダンスを近くで触れ合える環境、本当にそうですね。
地下鉄や街頭で演奏している姿をよく見かけますが、皆さんなかなかの腕前ですね。全部じゃないけれど。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2009-03-14 23:47 | オペラ、コンサート musica | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera