グラシア地区のClaraの家へ

雨の日曜日、アンサンブルのバイオリニストの家に楽譜を取りに行きました。

友人はグラシア地区の真ん中に住んでいます。グラシア地区はとても庶民的な地区で、面白いお店やレストランもいっぱいあって、なかなか楽しい。

区役所のある時計台の広場がすぐ近くに
b0064411_163968.jpg


青く塗った区役所
b0064411_16395711.jpg


広場には雨でも人が集まってくる
b0064411_1641060.jpg


お化粧直しをしてきれいになった建物も増えました。
b0064411_16422030.jpg


b0064411_1647739.jpg



b0064411_16499100.jpg


b0064411_16503313.jpg


ここもモデルニスタの家が多い
b0064411_1651461.jpg


立派な建物
b0064411_1653177.jpg


b0064411_16541670.jpg


b0064411_16552070.jpg


さて、友人の家はごく細い通りの目立たないアパート。古いので、エレベーターは無し。

外は暗い感じでも、家の中は光がはいって結構明るい
b0064411_16574052.jpg

絵がいっぱい飾ってあります。絵と本がたくさんある家って、好き。
b0064411_1659756.jpg


ちょうど古い家具を運び出すためばらして置いてあり、運送屋待ちだとか。

彼女のestudio(書斎・・・?っていうのか)を見せてくれました。
b0064411_1713993.jpg


b0064411_1721957.jpg


b0064411_173689.jpg


b0064411_1734826.jpg


この木の額、いいな~。

b0064411_1741634.jpg


この小さな本だなも、いいな~

b0064411_1745858.jpg


家じゅうすごい量の本が。

「そりゃそうよ。50年も住んでるんだから」

グラシア地区に住むのはとても気に入っているといいます。

「長く住んでいてもいつだってどこか新しい発見があるのよ。それにだいたいどこにでも歩いて行けるから便利」

熱いコーヒーを淹れてくれ、ミルクのパックと、マリアのビスケットを箱ごとどん、とテーブルに。こちらの人は気取りません。

新しい楽譜は、6月のコンサートのため。 VivaldiとTelemann。

さあ、これから練習しなくちゃ。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by alex at 2009-02-02 19:54 x
gyuさんのお友達のお宅は、そこでのんびりお話したり音楽を聞いたり、くつろいでしまいそうな雰囲気の素敵なお部屋ですね。
棚の左側に置いてあるのは、読書台でしょうか?額は本当に素敵ですね!やっぱりアンティークですよね。
Commented by gyuopera at 2009-02-02 20:38
♪ alexさん、おはようございます。友人の家、暖かい感じがしてとても好きでした。こんな風に、音楽に没頭できる部屋があるといいなと思いました。家具は、多分ご両親の時からのもので、自然にアンティークになったものでしょうね。 読書台っていうんでしょうか、本をちょっと立てかけておくのにいいですね。
木の額、素敵でしょう。これはおばあ様くらいのものでしょうね。
こちらの人の家は、必ずやアンティークが置いてあって、それがとてもいいと思いますし、誇りにもしていますね。
Commented by patronistaT at 2009-02-02 21:40
下から2枚目の写真のフレームが素敵です。
そして、このご友人はとても几帳面な方ですね。
飾ってあるフレーム、戸棚など
どれも縦横がきれいに揃っています。
Commented by ウルコ at 2009-02-03 00:07 x
グラシア地区は私も大好きで、バルセロナで住んだ最初のピソがギナルド地区寄りのグラシア地区でした。
ホントにどこにでも歩いて行きたくなる場所で、今でもあのピソのあった場所に戻りたいと思うくらい。
今だって中心地に近いのに!って、親方に言われますけどね。
クララさんのお宅、ステキ。シンプルだけどオシャレな方ですね。きっと。
Commented by gyuopera at 2009-02-03 00:12
♪ patronistaさん、こんにちは。 また雨ですね~。
この木のフレーム、今では骨董屋で高く売ってそうですね。こんなのが蚤の市に出たら即買うんだけどな。
一般的にこちらの人は絵の飾り方が上手ですね。たくさん飾っていても、ちゃんと調和が取れている。最近、よく絵を買うんですが、飾る場所がない・・・
Commented by yuu.k at 2009-02-03 00:16 x
gyuさん こんにちは
すてきな絵や写真が考えられて置かれていていい感じですね。
絵をやるようになって、それと一緒に自分の生活環境も意識的により良くしていくことも大事ではと思うようになりました。
Commented by gyuopera at 2009-02-03 00:17
♪ ウルコさん、こんにちは。 ウルコさんはグラシアにも住んだことがあるんですね。グラシアは道が狭いから車で歩く人は不便でしょうけれど、ちょっと住んでみたいなと思います。
友人のピソの通りはとてもせまいけれど、部屋の中はよく光りが入って明るく気持ちがよかったです。でも、向かいの家の窓がすぐ前・・・ね。ソファのあたりはごちゃごちゃしているから、というんで撮らなかったけれど、結構広いリビングでした。まだベレンが飾ってありましたね。
Commented by gyuopera at 2009-02-03 00:24
♪ yuuさん、こんにちは。 yuuさんは絵をお描きになるんですよね。
絵と本がたくさんある家って好きです。飾ってある絵でその人の美的センスもある程度分かるし(笑)。
うらやましいと思ったのは、ファイルを入れるひきだしのついたデスク。そこにたくさんの楽譜がきちんとしまわれていて、あれはいいな~と思いました。私もどんどん増えていく楽譜のしまい場所に困っています。一応アルファベット順にはしているんですけれど・・・ 
Commented by emilia2005 at 2009-02-03 02:20
またまた住宅街の窓に目が釘付けになりました。
クラシック調からアールヌーボー調まで見ていて楽しいですね。
5番目と8番目がお気に入り。ベランダのアイアンも素敵です。

クララさんにはお目にかかったこともないけれど
このお部屋とても寛げる雰囲気で堅苦しくないのは
彼女がそうだから…なんでしょう。
いいお友だちは人生を豊かにしてくれますね。
Commented by gyuopera at 2009-02-03 06:07
♪ emiliaさん、こんばんは。 また雨のバルセロナです。この頃お天気悪いです。
バルセロナはものすごく立派な建物というとカテドラルとサグラダ・ファミリアくらいしかないけれど、一般の人が住むところが結構見ていて楽しくて、飽きることがありません。いろんなスタイルの建築様式が混じっているというのも面白い。
友人は50年もこの地区に住んで、それでも飽きないというんですから大したものです。
家に古い家具があると、なんか落ち着く感じがしますね。家というのは、服装以上に住んでいる人の性格が現れますね。私も少し片付けなければ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2009-02-02 17:13 | インテリア interior | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera